辛い便秘にならないよう気をつけています

私は普段から胃腸があまり強い方ではなく、なんとなく重い感じがしたり、ゴロゴロしたりすることは多いのですが、便秘の状態が長くつづくと、本当に大変な思いをします。

私の場合は、便秘が起こりやすいのは仕事が忙しかったり、徹夜をしたりした時なので、生活のペースが乱れるとなるようです。

何日か出そうな気配がない状態が続き、ある時急に下腹部にズッシリとした感じを覚えます。

これが苦しみの始まりなのです。

お腹をさすりながらトイレへ向かい腰を下ろすのですが、そんなにたやすく出ることは滅多にありません。

便が腸内を移動しているせいか、腸がキュッと締め付けられるような痛みが下腹部のあちこちに現れたり消えたりを繰り返します。

やがて、その痛みが1箇所に集まり膠着状態が続きます。

しばらくすると、ウソのように痛みが消えるのですが、これは一時的なものです。

小一時間もすると、再び痛みが襲います。

便はさらに出口へと向かっているように感じます。

下腹部の不快感もピークで、時には冷や汗が出て気が遠くなりそうにもなりますが、頭の位置を出来るだけ下に落として何とか乗り切ります。

そして、出始めれば後は早いです。

私の場合は下痢を伴うことが多いので、体中の水分を持っていかれたような感じになり、ゲッソリとしてその日は安静にしています。。

このような苦しみを味わいたくないので、出来る限り規則正しい生活をすることと、ストレスを溜め込まないように気をつけています。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja

このブログ記事について

このページは、茶と乳酸が2014年11月 5日 11:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Movable Type 4 へようこそ!」です。

次のブログ記事は「長年便秘気味でそれが当たり前になっている私」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。